まつげ育毛剤としてクリニックでも処方されている「ルミガン」は医薬品ですので、副作用の報告もされています。
挙げられる副作用の症状として多いのが「目の充血」です。
ただルミガンは元々、緑内障治療の点眼薬として使われてきた医薬品ですので、目の充血が起こったとしても失明してしまう、視力が落ちるといった問題はありません。

目の充血だけでなくルミガンがまぶたの皮膚に付着すると、かゆみを感じる方も少なくないようです。
目元の皮膚はとてもデリケートなので、肌質によってはルミガンがついてしまうとかゆみやかぶれといった症状を起こすケースもあります。

この他に挙げられる副作用としては「色素沈着」があります。
ルミガンに含まれている「ビマトプロスト」はメラニン色素の生成を増加させるという働きを持つ有効成分です。
メラニン色素が増える事によってまつげが濃くなるのですが、皮膚にビマトプロストが浸透してしまうと、その部分に多くのメラニン色素が作られてしまいます。
まぶたに液が多く付着すると、メラニン色素が肌に沈着してクマやくすみのような、色素沈着を引き起こすので注意が必要です。

ルミガンままつげを増やす効果を持つ医薬品の育毛剤ですから、塗る場所が的確でなければ「多毛」という副作用も起こりやすくなります。
やはり有効成分ビマトプロストによって、まぶたにある毛根が刺激され産毛が濃くなり結果、多毛という症状が引き起こされるようです。

まつげがどんどん濃く・多くなるのは全く問題ありませんが、まぶたの無駄毛が増えてしまうのは避けたい所です。
ルミガンは細い・短い・少ないといったまつげのコンプレックスを解消する効果を持つ医薬品の育毛剤ですが効果・効能に優れている分、副作用のリスクは避けられません。

まつげケアとして使用する場合、事前にこのような副作用が起こるかもしれないという事を、把握しておきましょう。
情報を持っておけば万が一、副作用が起こったとしても的確な対処ができます。

ルミガンの副作用が発現した場合の対処法は?

ルミガンを使ってまつげケアを行っている時に、もし副作用が出てしまった場合にはどのような対処をするのがベストなのでしょうか。
もし目の充血が起こった場合は、使用方法を見直してみましょう。
充血が起こる原因は、薬液が目に入ってしまうからです。
ルミガンの量が多すぎると広がり、目の中にも入りやすくなります。

使用の目安は片目につき1滴ですので、この量を守ってケアしましょう。
余分な薬液は拭き取るようにすれば、目の中に薬液が入ってしまったり、まぶたに広がるのを防げます。
ケアをしてからすぐにコンタクトをすると、薬液が目の中に入り込みやすくなるのでケア後15分程度してから、コンタクトは装着するようにしましょう。

まぶたのかゆみや多毛といった副作用も、ルミガンがまぶたに広がると起こりやすい副作用です。
やはり、広がってしまった場合はすぐに拭き取る工夫が必要です。
ルミガンの使用で起こりやすい副作用の1つ色素沈着は、使用を一定期間止めると自然に収まっていきます。

ルミガンに含まれる有効成分の作用によって、メラニン色素が過剰に作られ肌細胞に沈着する事によって色素沈着は起こります。
メラニン色素は肌のターンオーバー作用で、自然に垢として排出されていくので、使用を休んでそのままにしておけば解消される副作用です。
色素沈着が解消された後は、再度副作用を起こさないようルミガンを使用する際に一工夫行いましょう。

ケアをする前、まぶたにワセリンやクリームを塗るケアをおすすめします。
ワセリンやクリームには油分が含まれており、この油分によって薬液の浸透を予防できます。
この他に薬液はまつげの根本部分に慎重に塗るといった、正しいケアの方法を守る事も副作用を予防するために覚えておきたいポイントです。