ミノサイクリンはさまざまな細菌を抑える効果のある成分です。
そのためニキビなどの皮膚感染症に対しても効果を発揮してくれるということです。
ニキビは主に皮脂の過剰分泌によって発生すると言われています。
人の皮膚にはアクネ菌という常在菌が存在しているのですが、このアクネ菌は皮脂を好むという性質を持っています。
そのため皮脂が溜まっている毛穴にはアクネ菌が増殖しやすいということです。

アクネ菌が増殖することで皮膚に炎症が起こってしまいますし、赤く腫れあがってニキビになってしまいます。
ミノサイクリンには抗菌作用があるため、ニキビの原因であるアクネ菌を減少させることができますし、ニキビの発生や悪化を防いでくれるということです。
また、アクネ菌が作り出すリパーゼの活性を抑制するという作用もありますし、ニキビに高い効果を発揮してくれるでしょう。

ミノサイクリンは赤ニキビや化膿したニキビに有効とされています。
これらを放置するとニキビ跡が残ってしまうことになるので注意しましょう。
跡を残したくない場合は炎症を早めに抑えることが大切です。
ミノサイクリンには抗菌作用と炎症を抑える作用があるため、ニキビの治療に効果的な薬となっています。

ミノサイクリンを服用する場合、たっぷりの水で飲むようにしましょう。
一度にたくさん飲んだり、飲む回数を増やしても効果がアップするわけではありません。
1日何度かに分けて服用したり、ある程度の間隔をあけて服用することが一般的です。

ミノサイクリンの副作用として最も発生しやすいのは眩暈です。
最初は問題なかったという人でも2回目の処方の時に副作用が出てしまったという人もいます。
服用する量を減らしたら眩暈が起こらなくなったという人もいますし、ドクターに相談して量を調整するようにしましょう。

ミノサイクリンを服用したら腹痛や下痢などの副作用が発生することもあります。
また、この薬は胃を荒らしやすいため、胃痛や吐き気などの症状が出ることもあるでしょう。
胃腸が弱い人は予防のために胃粘膜を保護する薬も一緒に処方してもらうのがおすすめです。

ミノサイクリン配合の治療薬を使う前に注意すること

ミノマイシンと呼ばれる治療薬にはミノサイクリンが配合されており、主に皮膚感染症の治療のために使われています。
ミノサイクリン塩酸塩という抗生物質が主成分なので細菌を減らしてニキビの症状を抑えます。

ここまで聞くとニキビのために使うくらいならそれほど気を付けることなどないのではないかと考えるかもしれません。
しかしこれらの効果のほかにも副作用や使用するにあたっての注意もしっかりと定められています。
まずミノマイシンの副作用には代表的なものとして胃の不快感や胃痛などが挙げられ長期的に使用し続けることで、肝障害や血液障害が起こる可能性もあります。

それらの症状を出さないためにも、きっちりと使用上の注意を守ることが大事です。
1日に1回から2回の服用を行うのですが、この薬は12時間から24時間サイクルで飲むことが重要なので間隔をしっかりと空けなければなりませんし飲むときには多めの水で飲まなければ胃が荒れます。
またニキビが消えたからと言って服用することを止めると決められた期間分飲み切らないと再発の危険性は上がり、耐性菌もできてしまいます。
この耐性菌ができると抗生物質が効かなくなるため注意が必要です。

また乳製品にも気を付けなければなりません。
乳製品と一緒にミノマイシンを飲むと中にあるカルシウムと結合してしまい薬の吸収率が減ってしまいます。
これはアーモンドなどのナッツ類に含まれるマグネシウムにも言えることです。
これらの物は食べたのであれば時間を置かなければ薬が飲めません。

ミノマイシンは用法用量を守ることで効果を発揮してくれます。
これによりニキビの治療に成功し、ニキビがまた出来てもミノマイシンに頼ればよいと考えずにきちんとニキビ予防をするように心がけましょう。