女子力をアップさせるためにも印象的な目元作りは欠かせませんが、メイクをすれば理想通りの目元を作り上げることもできます。
しかし、すっぴんになってしまえば元に戻ってしまいます。
今日では、さまざまな種類のまつげ美容液も販売されており、まつげの育毛に力を入れている女性も多くいます。
ルミガンは薬として認められている商品でもあり、まつげ美容液よりも高い効果が実証されていて理想のまつげに近づけることができます。

ルミガンの開発経緯

ルミガンは、最初からまつげの育毛剤として開発されたものではありません。
もともと、緑内障を抱えている人のための薬として利用され始めたものです。
眼圧が上がってしまう緑内障の症状を内側から抑える働きがあるとして点眼薬として使用してみると、健常な眼圧で視力や視界を守る働きがあります。
しかし、ルミガンを使用していた緑内障の患者さんから、まつげの長さが伸びたり太くなるなどの後遺症の症例が多く報告されました。

この働きを利用して、ルミガンはまつげを伸ばすことや増やすことを目的とした美容治療として活用されるようになったことが由来となっています。
太くて長さのあるまつげは、目元を美しく印象的に見せることができます。
そのために、ビューラーでまつ毛を持ち上げてマスカラを塗ってみたり、まつげエクステンションの施術を受けるなど、女性たちの間ではさまざまな目元メイクに力を入れている人も多くいます。
しかし、まつげには大きなダメージを与えていることにもなります。

それによって、まつげが抜け落ちてしまったり短くなるといったトラブルに悩まされることになります。
けれども、ルミガンがあればもともとの自分のまつげを伸ばすことや増やすことができるので、メイクによるダメージを防ぐとともにもうメイクに頼ることもなくなるのです。

ルミガンは、ダメージを受けたことによってボリュームを失ったまつげにだけ効果を発揮するわけではなく、もともとまつげのボリュームが少ないという人であっても効果を得ることができるというのが嬉しい効果です。
今までにない太くて長いまつげを手に入れることができることも、ルミガンが多くの女性に愛されている理由でもあります。

ルミガンの使用方法

ルミガンは、緑内障の治療として利用する場合には目の中に直接入れる点眼薬として使うことになります。
しかし、まつげ育毛剤として使うのであればけして目の中に入れてはいけません。
健康な目の人が点眼薬として使ってしまえば、眼圧が下がりすぎて目に異常が出てしまうことにもなりかねないのです。
目の中に入らないようにして塗る必要があり、また肌にも触れないように注意が欠かせません。

ルミガンは、まつ毛の根元に直接塗ることになります。
専用のアプリケーターも販売されているのですが、予算を抑えたい場合にはリップブラシや綿棒が役立ちます。
リップブラシは、普段使用しているものではなく新しく購入したものをルミガン用として使うようにします。
また、一回ごとに使用後は洗い流して乾かす必要があり、こうすることによって衛生的に利用ができます。
綿棒の場合には、綿が少ないベビー用を使用してみると、ルミガンが綿に吸収されすぎないので無駄がありません。

もしも塗った時に、垂れてしまったりはみ出してしまったりと皮膚に付着した場合には、すぐにティッシュペーパーで拭き取る必要があります。
そのままにしていても乾燥をしますが、ルミガンは皮膚の色素沈着を発生させてしまうことにもなります。
たっぷりと塗って高い効果を得たいと誰もが思ってしまうものですが、液垂れがしないように少量ずつ取ってから使用するようにします。
また、塗った後にも皮膚や目の中に入ってしまうことがあるので、目をこするようなことはしてはいけません。
使用する回数は、一日に一回となっています。
コンタクトレンズをしている人は、取り外してからの使用が好ましいため、自宅に帰ってメイクを落として寝る前がベストです。

ルミガンは美容クリニックで入手可能

ルミガンでまつげの育毛に挑戦してみたいという場合、眼科や皮膚科で取り扱いがされていることもありますが、美容クリニックであれば手に入る可能性が高くなります。
また、ルミガンには国産商品と海外製の二種類があり、どちらかの商品しか取り扱いがないということもあります。
欲しいものが決まっているのなら、あらかじめ問い合わせをして確認しておくと安心です。

ルミガンは、病気の治療ではなく美容目的となるので、どのクリニックであっても保険を使うことができません。
つまり、全額費用を負担することになるため、お金の準備をしてからクリニックを訪問する必要があります。

美容クリニックに行ったら、ルミガンを購入して終わりということではありません。
病院でもあることから医師による診察が行われることになります。
つまり、ルミガンの費用にプラスして診察料や初診料などが必要にもなってきます。
まつげの根元に塗る育毛剤であっても、目に異常があるとなるとすぐには処方してもらえないこともあります。
まずは目の病気の治療をしてからになるケースもあるためにすぐに育毛を始めることができなくもなってしまいますが、安全のためには欠かせません。

ルミガンは、日本国内では病院でのみ取り扱いが許可されているものでもあり、ドラッグストアなどでは販売されていない商品です。
それほどじつは取り扱いに注意が必要なものでもあります。
また、今は異常がないとしても、使い方を間違ってしまえば目や肌に異常が発することもあるのです。
そのために、処方前には医師から使い方の指導も受けることになります。
つまり、ルミガンを手に入れるためにはある程度の時間がかかるので、時間に余裕を持って行く必要があります。

安価で入手するなら通販で個人輸入

ルミガンは、日本国内で直接手に入れるのであれば美容クリニックなどの医療機関のみということが決められていますが、海外から購入して送ってもらうという方法もあります。
この場合には、病院にかからないことから診察料や初診料がかからないために、その分だけ安く手に入れることにも役立ちます。
しかし、取り扱い方法を間違ってしまえば目や肌のトラブルにもなりかねないので、自己責任ということになります。
つまり、初心者よりも使い方を知っているリピーター向きとも言えます。

自分で海外から購入して送ってもらうというのは、言葉の壁によって勘違いも多くあります。
また、税関手続きなど一般の人では難しい手続きも多くあり、送料などを含めて結果的にいくら必要になるのかの計算も煩わしいものです。
しかし、通販であれば全ての手続きもしてもらえるので便利さがあり、総額でかかる費用も事前に提示してもらうことができるので安心なサービスともなります。

通販で手に入れる場合、ルミガンと同じ成分でありながらもジェネリック医薬品として安い価格で販売されている商品もあります。
これは、日本国内の医療機関では取り扱われていないものでもあるので、予算を抑えたい場合にはとても役立つことになります。

ルミガンは、ビマトプロストと呼ばれる成分によってまつげを太く長くさせることができます。
ルミガンと同じビマトプロストであれば同じ効果を得ることができることにはなるのですが、日本では許可がされていないだけに取り扱いは自己責任となってきます。
個人輸入による通販はリスクも抱えることにはなるのですが、何といっても安さは魅力です。
使用し続けることで効果を得続けることにもなるので、長い目で見ると安く利用できることはとても役立つことになります。
割引率も高くなることからルミガンは通販でまとめ買いがおすすめです。興味のある方はぜひ購入してみましょう。